診療のご案内

入れ歯(義歯)

ほほえみ歯科の入れ歯作り

ほほえみ歯科では、患者様がフィット感に優れた入れ歯で快適な生活を送っていただくことをお手伝いしています。一手間かかっても、ぴったりする外れにくい入れ歯を作るために、特に筋形成というプロセスにこだわっています。

当院がこだわっている筋形成とは、入れ歯を作る際に行うプロセスのひとつです。
入れ歯を装着した際に、入れ歯の外形や厚みが周りの筋肉と調和していないと、簡単に浮き上がったり、あたって痛みがおきたりします。ほほえみ歯科では簡単な型取りの後に、筋形成という患者さんの口の周りの筋肉の動きなどを記録します。そして精密な型取りの際に、その記録を反映させて外形や厚みを調整します。こうすることで、フィット感があがり、外れにくい入れ歯ができるのです。

入れ歯(義歯)

メタルフリーで安心!軽くて丈夫、美しい

金属を使わない入れ歯「ノンクラスプデンチャー(弾性樹脂義歯)」が注目を集めています。保険適用の入れ歯に比べ、強度が高く、粘靭性に優れているのが特徴、しかも軽くてフィット感がよいのです。
部分入れ歯(パーシャルデンチャー)の場合は、隣の歯に負担がかからないため、歯周病が進行している場合、より効果を発揮し、残っている歯への負担が軽くなります。 関心のある方はご相談ください。

入れ歯(義歯)

義歯の種類(補綴の方法)

歯を失ってしまった場合は、人工物を補綴するしかありません。状況によって治療方法ガが変わってきます。歯を抜けたままにしていると、生えている歯にまで、いろいろな影響がでてきてしまいますので早目の治療をおススメします。

ほほえみ歯科では症状に合わせた、治療可能なベストなものをいくつかご提案しますので、費用やご自身に合ったものを選択していただきます。

ブリッジ


抜けてしまった歯の両隣りの歯を土台として利用し、橋渡しをするように人工歯を入れて、欠損部分を回復します。
一般的なケースとして、抜けてしまった歯の両側も虫歯の可能性が高いため、両側の歯も治療をしつつブリッジをかけます。非常にポピュラーな治療法です。

インプラント


抜けてしまった歯の両隣りの歯が健康歯の場合はインプラント治療をおススメします。 ブリッジは両隣りの歯を削って土台をつくるため、健康な歯の寿命が短くなりやすくなります。治療費は高くなりますが、インプラント治療が適用できる場合はインプラントをおススメします。

部分入れ歯・総入れ歯

金属バネ入れ歯(RPDクラスプデンチャー)

「クラスプ」という金属のバネを隣の歯に引っ掛け、入れ歯を維持し、安定させる治療です。保険適用となりますが、金属が見えてしまうため、見た目を気にする方にはおすすめしません。
バルブラスト(ノンクラスプデンチャー)

金属バネを使用しない義歯です。ナイロン系の素材で製作しますので、薄くて軽い仕上がりが期待できます。このナイロンが金属バネの代わりをします。弾力性の高い素材を使用しているので、破折にも強いのが特徴、金属アレルギーの方にも最適です。
金属床

金属床義歯とは、義歯床が金属でできている入れ歯です。

義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険のものよりもしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする総入れ歯を作れる可能性が高くなります。

入れ歯(義歯)

入れ歯ができるまでの手順

型どり(概形印象)

お口の中の型を取り、仮の模型で患者様一人一人のお口の中に合わせた個人トレーを作ります。


シリコン印象(精密印象)

個人トレーを使って、お口の中の型を精密に取ります。
同時に筋形成を行います。患者さんのお口の周りの筋肉を把握し、より精密なトレーを製作します。


咬合床作成

前回の精密な型をもとに模型を製作します。模型上で咬み合わせを採るための咬合床というものを製作します。


咬み合わせ試適(咬合採得)

咬合床を使って口腔内にて色々な指標を基に調整を行い、咬み合わせの高さや顔の調和、唇・前歯のの出具合いを確認します。(顎運動関連検査)


ろう義歯試適

「ろう」などを使った人工歯を配列し、お口の中に入れて咬み合わせの高さや前歯の感じなどを診査し、調整を繰り返します。


完成・トレーニング・微調整

ろうなどを実際に使用するプラスチックなどに置き換え、入れ歯の完成となります。完成した義歯はどんなに精密に製作しても、ひずみが生まれます。そのためにセット後の調整(リマウント)が必要となります。
また最初のうちは新しい入れ歯に不慣れで違和感を感じますがトレーニングを行いサポートします。

入れ歯(義歯)

メニュー

入れ歯(義歯)

入れ歯のケアについて

入れ歯は自然歯よりも雑菌が繁殖しやすいものです。年をとると、唾液の分泌が少なくなって、自浄作用が低下します。また、入れ歯の形は複雑なため、不衛生になりやすいのです。義歯性口内炎や口臭も起こりやすくなるのは、入れ歯の避けられない運命と言えるでしょう。努力していつも入れ歯を清潔に保つことが大切になってきます。

よくあるご質問

入れ歯を汚れたままにしておくと、どうなるの?
入れ歯は自然歯よりもよごれやすい

不衛生な入れ歯をつけていると口臭や歯周病の原因にもなり、また口腔内細菌により肺炎に感染する恐れもあります。歯ブラシや洗浄剤で汚れを落とし、清潔に保ちましょう。総入れ歯では口腔と接する広い面、部分入れ歯では複雑な金具回りに細菌や歯垢が付着しやすいので、念入りに。

入れ歯の汚れやすい部分
入れ歯を熱湯で消毒してもいいですか?

高熱により変形する材質を使用していることがあるため、熱湯消毒はお薦めできません。60℃以上のお湯をかけたり浸したりしないようにしてください。

入れ歯のお手入れのポイント

入れ歯はあくまで人工物だから・・・

☆お休みの時に入れ歯を外して洗浄液につけておくことは、
①歯ぐきを休ませるため
②入れ歯を乾燥させないため
③入れ歯を除菌するため
という3つの観点からも必要なことです。入れ歯は天然歯と異なってあくまで人工物なので、加齢と共に、退色したり、口腔内の形と合わなくなって不具合を生じることも当然考えられます。早めに対応することからもメンテナンスケアをお薦めします。

知って欲しいお口の健康

お問い合わせ

ほほえみ歯科 電話0265-77-1180

〒399-4511
長野県上伊那郡南箕輪村
字中野原8306-1014
コーポ小林Ⅳ1階


診療時間
9:00-18:00
定休日:日曜〈予約制〉

診療についてのご相談やお悩みなど、初めて診察を希望される方は、お気軽にお問い合わせください。


Facebook
Facebook